増毛して薄毛による強い自意識を克服出来た

髪が薄くなってきて困る事といえば、それは何と言っても否応なく自意識過剰となってしまう事でしょう。
薄毛になる以前から神経質な性格で、何をするにも他人からどう思われているかを意識せずにはいられなかった私ですから、当然薄毛が進行し始めてからはその意識が過剰なまでに働き、大変苦しい思いをしてきたものです。
プライベートなら外出時でも自由に帽子を被れますから、それ程周囲の視線や態度を気にせずに過ごす事が出来るのですが、これが出勤時となると話は違ってきます。薄毛だからといって、スーツ姿で帽子を被る訳にはいきませんから出勤中や仕事中により多くの人に頭を見られてしまう訳で、どうしても薄毛に対する意識で、実に不快な気分だったのです。
常に薄毛を陰で馬鹿にされている、噂されているという強い意識が取れず、親しい人間に対しても人間不信に陥りかねない程でした。
この様な薄毛に関する強い自意識を少しづつ解消してくれたのはずばりマープナチュレによる増毛でした。→ http://www.manatzo.com/

やはり、増毛とは言え、髪があるのとないのとでは、自信が違います。単純に髪が増えると、他人の視線も髪にいかないことを知りました。つまり、増毛で薄毛が目立たないのです。
これで鏡を見てもくよくよ悩むこともなくなり、自信が付きました。帽子を被らず人前まで出ていけるようにもなったし、これまでの様な強い自意識に苛まれる事が無くなったのです。
むしろ今自分がやりたい事や好きな事だけに注意を向ける事により、自分の頭から意識を逸らせるのが有効である事に気付いたのです。増毛をやってよかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です